新古車とは

自動車購入の為に知っておきたいのが新古車の存在です。新車ではないけど古いとはどういうことか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、新古車とは一度名義の登録をされているもののほとんど乗られていない為、走行距離が10キロ未満であったり登録後数ヶ月であるという車のことです。法律では中古車の扱いとなるものの、車の状態はほぼ新車と同じでありますが、価格が新車よりも安く設定されておりますので、近年では新古車を探して購入するという方もいらっしゃるほどです。

最近、自動車業界が紛らわしい表記を無くそうという動きから、販売店では未使用車という言葉で呼ばれることがほとんどで、意味合いは新古車と同じと考えていただいて構いません。ではどうしてこのような新古車が多く販売されているのでしょうか?それは自動車販売店の複雑な事情が絡んでいるからです。自動車ディーラー、つまり販売店は売上台数に合わせてメーカーから報奨金が手に入ります。

その販売台数を1台でも多くするために。あるいは販売台数ノルマを達成するために、自社の名義で車を購入します。販売店の名義で登録されたこの車こそ、後に新古車(未使用車)となって市場に出回ることとなります。その他にも新古車となる要因はいくつかあり、例えば購入した客が名義の変更後にキャンセルした場合やローン審査などの問題が生じ、登録後に客への新車引渡しをキャンセルせざるを得なくなったりということもあります。様々な事情はあれど、購入する私たちにとっては新車同等のものが安く買えるというメリットは魅力的。オトクに車購入する方法としては知っておきたいことなのです。

新古車の選び方

そんなにオトクに購入できるならと新古車探しをスタートしようという方、ここでは新古車選びの方法を紹介します。まず自動車販売店(ディーラー)で生まれるのだからと、販売店を巡ろうとお思いの方が多いかと思いますが、実はこの方法が一番良くありません。新古車を販売しているのは主に新車販売のディーラーではなく、中古車販売店なのです。したがって中古車販売店へ行きますと、最近では未使用車という言葉と共に多くオトクな価格で売り出されております。

しかしここでも新古車の選び方という観点では注意をしておくべき部分があります。実は現在は未使用車という言葉が安さを印象付けるために有効な言葉となっており、しっかりとその価格をチェックしないと、新車を割引で購入したほうが本当は得だったという例が続出しているのです。購入する前に展示品として使っていたことによる傷が目立っていないか?付属品の状況はどうか?保証書が欠品していないか?はチェックしておきたい項目です。

では賢く新古車を選ぶにはどうすれば良いのでしょう?それはインターネットを駆使してみてください。例えばガリバーなど中古車販売のサイトや、中古車の総合情報サイトであるカーセンサーなどでも未使用車を検索して探すことが可能です。もしかすると簡単にあなたの欲しい新古車を理想的な状態で見つけられるかもしれません。このように、ネットを使って慎重に行うことであなたにとって嬉しい新古車選びが出来ます。賢い車選びの手段として活用してみてください。

新古車を入手する前に愛車を高く売る

車の買い替えをしようと思っている場合は、愛車をどのようにして高く売るか?これはとても大切なことです。例えば新古車をオトクな価格で購入できたので、その購入店での下取りで十分と考えていらっしゃる方はちょっと立ち止まって考えてください。その下取り査定価格で満足なのでしょうか?ひょっとすると愛車の価値は意外なほど高いかもしれません。本当の価値を知りたいのでしたら、一度ネットでの一括査定サイトで確認をしてみませんか?

この一括査定サイトは非常に優れものであり、複数の買取業者からの査定結果が一度の情報入力で手に取るようにわかります。ここできっと気づくはずなのが、業者によって愛車の査定額が違うということです。しかも、新古車を購入する販売店での下取り価格よりも驚くほど高い査定額が付いていることがあるでしょう。その価格差は場合によっては30万円以上ということもあるのです。

ではどうしてそれほど下取りと買取で価格差が出てしまうのでしょうか?通常下取りは車種と年式や走行距離によって機械的に判断がなされます。しかし買取業者の場合はそれらの情報に加えて中古車の販売実績などのトレンド状況が重要視されており、需要と供給のバランスによって査定額が変化しているのです。さらにその判断は業者ごとに違いますので、一括査定サイトを利用すると大きな価格差となって表れるのです。これを使えばきっと愛車を高く売ることが出来ます。その結果、新古車購入がもっとオトクになることでしょう。

軽自動車の新古車だけが得られるメリットがある?

新古車(未使用車)はオトクに購入できるというメリットは軽自動車にも言えます。中でも軽自動車だからこそ得られるメリットもありますので紹介しましょう。それは自動車税についてです。乗用車の場合、4月1日以降の購入であれば月割りで請求されることが多くなっておりますが、軽自動車の場合はなんと無料となります。新古車は中古車のカテゴリーに入りますので、4月1日以降に購入した軽自動車に関しては税金が無料という決まりがあるのです。

そのほか、乗用車も含むメリットも当然受けることが出来ます。重量税が無料でありますし、自動車取得税が新車購入に比べて割安。そして自賠責保険料も無料となっておりますので、総額にすると新古車購入を選択するとかなりのメリットがあると言えそうです。加えて軽自動車の新古車は、納車スピードも早いというのが魅力です。乗用車であっても納車まで遅くとも10日以内程度というスピーディーさでありますが、軽自動車の場合は車庫証明の手続きが無いことから、さらに納車までの期間が早いという傾向があります。

現在は軽自動車が人気であり、新車で購入すると納車まで1ヶ月以上も待たされるということが多いのですが、新古車であれば納車まで長くても1週間程度と嬉しい早さです。このように、車両本体価格が安い新古車(未使用車)でありますが、軽自動車の場合はその他にも様々なメリットがあるということがわかりますね。急ぎで新しい車を安価で調達したいという方には特に軽の新古車は魅力的と言えそうです。

新古車を買うと保証は新車対応なのか?

新車と中古車の購入で比べたときに、保証期間というのが大きな差となります。通常、中古車の場合は3ヶ月から6ヶ月間ほどの保証に留まる事が多いです。中古車販売店によっては延長保証が付いている場合もありますが、それでも新車には遠く及びません。ではその新車の保証期間ですが、3年から5年ほどが主流となっております。ところで、新古車の場合の保証は一体どれほどの期間が適用されるのでしょうか?

未使用である新古車の保証は、販売店によって大きく形態が変わりますので注意が必要です。一つは新車保証の継承が出来るパターンです。この継承には1万円から2万円程度かかりますが、新車と同様の保証とサービスが全国のディーラーで受けられます。なおこちらのパターンは主にディーラー系の中古車販売店での新古車購入であれば手続きが出来ますので、確かめてみると良いでしょう。

もう一つは中古車と同等の保証です。こちらの場合は一般の中古車販売店で新古車を購入したときに多く、やはり新車に比べますと保証期間が短いため注意が必要です。新古車選びにおいては、車両本体価格だけではなく保証の内容や標準装備、オプションの内容など様々な点を確認しておくことが大切と言えるでしょう。このような情報を含めて新古車探しでは、インターネットを活用することをオススメします。未使用車というカテゴリーで気軽に検索をすることが可能であり、クルマの状態や保証の面においてもチェックすることが可能です。あなたにピッタリの新古車をぜひ見つけてください。

新古車の定義と購入するのに向いている人

新古車は未使用であるため、ほぼ新車状態で乗ることが出来ます。ではここで、改めて新古車の定義について紹介しましょう。実は新古車(未使用車)は明確な定義付けがなされておらず、販売店によって解釈は様々です。試乗車として様々な人が少しずつ乗ったものを新古車として販売されているケースもありますが、この場合は走行距離が100キロを超えているかもしれません。基本的に新古車の多くは走行距離100キロ未満であり、登録期間は1ヶ月から9ヶ月程度であります。

では次に新古車を購入するのに向いているのはどのような方なのでしょうか?一つは新車を少しでも安く購入したいという方です。新古車のメリットはやはりその安さ。中古車のカテゴリーだけに取得税等もかからないため、トータルではかなりの価格差となるでしょう。二つ目は新車にこだわりを持っていないという方です。登録後の期間が経過しているため、少しの傷があったり標準装備が一部付いていないというケースもあります。

これらを気にしないという方でしたら向いているといえるでしょう。そしてもう一つはすぐに車が必要で急いでいる方です。新古車は新車に比べて納車までの手続きがスムーズであり、早ければ数日程度で乗り始めることが可能です。新車の場合、購入から1ヶ月以上を要してしまうケースがあるため、このスピーディーさは大きな魅力と言えるでしょう。さあ次なる車を探しているという方、ご自身が新古車購入に向いていると感じたならば、まずはネットでお目当ての新古車を探してみてはいかがでしょうか?

これだけ違う!新古車と中古車の購入後

次のクルマ選びをと考えている方、新車はとても買えないから中古車という選択。確かに中古車は安いかもしれませんが、もう一つ新古車という選択肢も検討してみてください。購入後の5年間を予測してみると実は新古車の方がオトクなのかもしれません。まずは購入から2年、中古車は最初の車検がやってきます。購入した車によっては1年程度かもしれません。この車検代金は中古車だけに安価で済ませることは難しいことでしょう。

購入から3年、新古車にとっては初めての車検がやってきます。新品状態だったクルマだけに、最初の車検は驚くほど安価になることでしょう。もし故障箇所があっても保証がある場合は無料で修理が出来ます。一方で中古車は様々な部分で故障が出てきますが、全て実費で負担しなくてはなりません。そして購入から4年、中古車は2度目の車検がやってきます。経年劣化でさらにメンテナンス部分が増え、車検額が大きくなってしまうことは避けられません。

一方で新古車は4年程度ならほとんど修理が必要な箇所は無く、維持費も安価で済むことでしょう。そして購入後5年、これらのクルマの価値はどうなるのでしょうか?査定を試してみると一目瞭然。走行距離も年式もまだまだ現役という新古車は高額査定が付く可能性があります。売却して次なるクルマに乗換えだって良いでしょう。一方で中古車は走行距離や年式的にかなり厳しい査定になり、ゼロ査定もやむをえない状況に。次なるクルマ選びも資金的に苦しい状況となります。トータルで考えればその差は歴然。新古車を敢えて選ぶというのは賢い選択です。

新古車購入で避けられないデメリット

よしっ新古車を探そうと思っている方も、メリットに対してどうしても避けられないデメリットがあります。幾つか紹介をしましょう。まず車種や人気のボディーカラーを探すのが大変という点です。何と言っても新車に対して1割程度しか市場に出回らない未使用の車でありますから、車種も少なくカラーバリエーションもそれほど多くはありません。つまりもしあなたが欲しい車種とボディーカラーにこだわりがある場合は、なかなか理想ピッタリの新古車に出会うのは難しいのです。

続いてはオプションについてです。新車購入の場合、商談の中でメーカーオプションを付けるか付けないかなどを話し合います。新古車は未使用車であるとは言え、既にディーラーによって登録された車でありますので、もう完成してしまっているのです。サンルーフや純正カーナビなど、後付できないのがメーカーオプションですので、新古車の場合はこれらが無い可能性があります。

そしてもう一つ、新車のような大きな値下げが期待できないという点です。新車で大幅な値下げが出来る要因がオプションの有無などを加味した交渉であり、元々の車両本体価格を値下げして販売する新古車の場合、値下げ交渉をする要因が少ないということがあります。したがって、新車の値引き交渉をして購入する価格と新古車の値引き済みの購入価格とデメリットを総合した上で購入を決定しないと、場合によっては損をしてしまうという可能性もあるのです。新古車、未使用車という言葉だけに捉われず、やはり大きな買い物でありますので、決断は慎重になさってください。

新古車の流通量と理想の車種に出会う方法

新車よりも割安で購入出来るという新古車、では一体どれくらいの割合で、そしてどのくらいの台数が流通されているのでしょうか?残念ながら具体的な数値としてはどこからも発表されておりませんが、一般的には新車販売台数の10パーセント程度と言われております。では具体的にはどれくらいなのでしょう?実際に検証してみることとします。中古車販売や買取査定などで便利なサイトであるカーセンサーで、実は簡単に新古車のみを検索する方法があるのです。

カーセンサーのサイトへ行き、中古車を探すページへ。フリーワード検索をすることが出来ますので、ここに未使用車と入力して検索です。ちなみに新古車と検索してもわずかな台数しかヒットしませんのでご注意ください。中古車業界では紛らわしい表記を無くすということから基本的に新古車という表記をしないということとなっているようです。では改めて未使用車で検索した結果ですが、約1万7000台がヒットしました。

そのくらいの数が出回っているのであれば、決して理想の車に出会えないわけでは無いのかも?と思うでしょう。しかしもちろんお近くの中古車販売店へ実際に出向いて新古車を探すというのも良いですが、実際に探してみるとなかなか大変です。やはりお目当ての新古車を探すのであれば、インターネットを利用して検索するというのが一番の近道であると言えるでしょう。こちらで紹介しましたカーセンサーの他にも新古車(未使用車)を探せる中古車販売サイトはありますので、ぜひ利用してみてください。

新古車を最も安く買う方法

新古車は新車に比べると単純な値引きは期待しにくい点があります。しかし、それでももっとオトクに新古車を手に入れたいという方は多いでしょう。ここではより安く新古車をゲットできる方法を紹介します。それはクルマの買い替えという方にのみ出来るとっておきの方法です。古い車はどうしますか?下取りでしょうか、それとも買取でしょうか?この古い車を最大限に活用して新古車をより安く購入することが出来るのです。

まずはネットの一括査定サイトで古い車を査定してもらいましょう。この一括査定は、日本全国から最も高値で買取ってくれる業者を探すことが出来、その査定額は30万円以上になることもあるほどです。使い方は簡単。クルマの情報を一度だけ入力し、後は査定してくれる業者の結果をメールやお電話で待つのみ。数社から最高で30社もの全国の買取業者から査定結果が届くのです。実際に買取ってもらう際に行う詳細な査定も、出張査定士がクルマの元まで来てくれますので手間もかかりません。

ところでどうしてこの方法で新古車が安く手に入るのでしょうか?そうです。下取りと比べて買取の査定は高く付くことがほとんどですから、10万円も20万円も、あるいは30万円もの買取額に差があるということは、それだけ新古車購入の費用に充てられるのです。走行距離も多く、年式も古いから廃車にするしかないという方だって大丈夫。今では廃車専門の買取業者もありますので、同じように一括査定サイトを使えばしっかりと驚くほどの査定額で買取ってくれます。新古車の値引きが難しいならば、賢い買取で結果的により安く手に入れましょう。

投稿日:

Copyright© 【新古車とは】未使用車をお得に買う方法|新古車の基礎知識 , 2018 AllRights Reserved.